夏川草介 新章 神様のカルテ

夏川草介さんの新章 神様のカルテを読みました。

 

内容

320万部のベストセラー、大学病院編始動 信州にある「24時間365日対応」の本庄病院に勤務していた内科医の栗原一止は、より良い医師となるため信濃大学医学部に入局する。

消化器内科医として勤務する傍ら、大学院生としての研究も進めなければならない日々も、早二年が過ぎた。矛盾だらけの大学病院という組織にもそれなりに順応しているつもりであったが、29歳の膵癌患者の治療方法をめぐり、局内の実権を掌握している准教授と激しく衝突してしまう。 舞台は、地域医療支援病院から大学病院へ。

シリーズ320万部のベストセラー4年ぶりの最新作にして、10周年を飾る最高傑作! 内科医・栗原一止を待ち受ける新たな試練!

 

全シリーズを読んで4年ぶりということで手に取りました。

 

研修医から大学病院の内科医になった一止。

以前も患者側の立場に立って治療などに

携わっていましたが、今回も更に患者側の立場、

患者の家族に寄り添いながら奮闘しているのがとても良かったです。

 

とかく大学病院というと論文、教授争い、医局内の対立などと

患者さんの気持ちなどをないがしろにしがちなイメージが強く

それを中心に描かれている小説が多いですが、

今回は多少これらの要素も入り込んできますが、

重要な患者三名を中心にし、

治療方法を進めながら物語が展開されていきます。

 

特に若くしてからの29歳の患者の場合は

一分一秒の時間も無駄にはしてはいけない状態だったので

読んでいてハラハラとさせられ最後に辿り着くまで

心が落ち着きませんでした。

 

いくら優秀な医師であっても最新の医療があっても

必ずその病気が治せるという確実性はなく、

難しい病気の患者さんほど医者であってもたじろいてしまうという現実が

この作品ではよく伺えました。

けれどそれにも負けずに、立ち向かう一止医師を中心とするチームの

スタッフの対応には心打たれます。

 

自分の命があとわずかだとしても、

人間には生きるということは権利ではない、義務です。

という言葉は印象的です。

生きている限り懸命に生きるというのが義いうのが誰にでも
与えられたものだと確信できます。

 

そして大学病院でのルールがあったとしても、

患者さんの心の声に答えながら、地域の病院などにも

協力を得るという型破りなやり方であっても

患者側に喜ばれることならばこんなに良いことだと思います。

 

良い環境での医療現場、スタッフ、研究などと

大学病院は医師にとっても患者にとっても最高の医療現場かと思います。

これをただの白い巨塔だけではなく、最高の治療が出来るように

医師達がそれぞれ手を組んでもれたら更に医療が高まるかと思います。

 

四季を感じながら自然に月日の流れを感じさせ、

緊迫した医療現場との対比になってこの作品らしいなと思いました。

 

一止のような患者側に立った医療と治療を進めていくのは

とても難しいと思いますが、

作品のような環境が少しでも多く増えれば

良いなと心から思えました。

 

患者の話をする医師を目指して、

今後の一止の展開が気になるので

このシリーズの続きがあったらまた読んでみたいです。

 

 

ブログランキングに参加しています。応援を宜しくお願いします。

下をポチっと宜しくお願いします。

にほんブログ村 その他日記ブログ つぶやきへ


2019.06.07 Friday | 読書16:16comments(0) | - | by yumi

スポンサーサイト


2019.08.25 Sunday | - | 16:16 | - | - | by スポンサードリンク
コメント
コメントする