内村光良 ふたたび蝉の声

内村光良さんのふたたび蝉の声を読みました。


内容
自分はあと何年生きられる?仕事はこの先どうなっていく?

家族の形はこのまま変わらず続けていける?

進はぼんやりと天井を見上げ物思いに耽っていた。

昭和、平成を必死に生き、支え合った

それぞれの世代の“家族”と“人生”の物語。

内村光良、初の書き下ろし長編小説。

 

以前内村さんの「オリンピック男」を読んで良かったので、

今回も同じような内容かと思い読み進めていきましたが、

登場人物が多いのは良いですが、

全体のストーリーに対しての

繋がり感があまり無くて少し残念でした。

 

「オリンピック男」よりも一人の人物としての物語は

重厚なはずなのですがその厚みが少し欠けていて、

書下ろしというよりも台本に近いような印象を受けてしまいました。

 

といってもストーリーは中盤から前半とは雰囲気が

がらりと変わって、あることがとても気になり、

涙で本が滲んでしまいそうな場面もあり

これにはやられてしまいました。

 

同じような昭和の世代を歩いてきたので、

大きな出来事、ヒット曲、映画など

所々に出てくるので懐かしくもあり楽しめました。

 

家族の形がそのままという意味が初めはピンときませんでしたが、

ストーリーが進むごとに家族の形が変わり、

そしていつかは受け継がれていって

自然の流れに辿り着くということが

この年代になると特に身に沁みてしまいました。

 

だからこそ、人生明日はどうなるのか分からないから

ただ悔いのないように日々を過ごしていこう。

自分が良いと思うことだけを信じて、

それに向けてしっかりと生きていこう。

というシンプルな言葉が印象的で自分自身も改めて

この気持ちでいこうと思えました。

 

長編小説というと評価としては難しいところですが、

文章から出てくる内村さんの人柄や優しさがよく出ているかと思います。

そして何よりも読みやすく、シンプルに気持ちが伝わってきます。

自分の人生と重ね合わせて、

改めて家族の形、そして友達と自分の周りの

大事な人達との繋がりを考えてしまう作品だと思います。

 

今までの活躍以上にまたこれからの幅広い活躍も

この作品をきっかけに期待したいと思います。

 

ブログランキングに参加しています。応援を宜しくお願い致します。
下をポチっと宜しくお願いします。
にほんブログ村 その他日記ブログ つぶやきへ


2019.05.19 Sunday | 読書00:31comments(0) | - | by yumi

スポンサーサイト


2019.08.25 Sunday | - | 00:31 | - | - | by スポンサードリンク
コメント
コメントする