原田マハ フーテンのマハ

原田マハさんのフーテンのマハを読みました。

 

内容はモネやピカソなど、美術にまつわる小説をはじめ、

精力的に書籍を刊行する著者、その創作の源は旅にあった!?

世界各地を巡り、観る、食べる、買う。

さあ、マハさんと一緒に取材(!?)の旅に出よう!

 

原田さんの小説は何冊か読んでいますが、

旅好きで旅エッセイがあったとは知らなかったので手に取りました。

 

旅行記ですが、旅についての話、食についての話、

取材についての話などが盛り込まれていて、

あらゆる方向から旅の面白さが綴られていて

読んでいてとても楽しめました。

 

特に美術史については詳しくなかったので、

モネとピカソについては生まれた家やアトリエを訪ねて

現地の雰囲気や空気感を伝えていて興味深くて分かりやすかったです。

 

他の作品からでは味わえなかった原田さん本人の雰囲気が

とても伝わり親近感を持ってしまい益々好きになってしまいました。

一緒に旅をしているお友達もとても良い方で、

羨ましい友達関係で理想的だなと思いました。

 

旅行記、エッセイとして楽しむのも十分だと思いますが、

素顔の原田さんのを知るにもこの作品はとてもお勧めです。

また続編も期待したいと思います。

 

ブログランキングに参加しています。応援を宜しくお願いします。

下をポチっと宜しくお願いします。

 にほんブログ村 その他日記ブログ つぶやきへ


2018.08.12 Sunday | 読書17:57comments(0) | - | by yumi

スポンサーサイト


2018.10.23 Tuesday | - | 17:57 | - | - | by スポンサードリンク
コメント
コメントする