島本理生 ファーストラヴ

島本理生さんのファーストラヴを読みました。

 

ストーリーは 父親を刺殺した女子大生は、

警察の取り調べに「動機はそちらで見つけてください」と答えたという――。

「家族」という名の迷宮を描き尽くす傑作長編。 夏の日の夕方、

多摩川沿いを血まみれで歩いていた女子大生・聖山環菜が逮捕された。

彼女は父親の勤務先である美術学校に立ち寄り、

あらかじめ購入していた包丁で父親を刺殺した。

環菜は就職活動の最中で、その面接の帰りに凶行に及んだのだった。

環菜の美貌も相まって、この事件はマスコミで大きく取り上げられた。

なぜ彼女は父親を殺さなければならなかったのか?

臨床心理士の真壁由紀は、この事件を題材としたノンフィクションの執筆を依頼され、取材を始める。

自らも夫とその弟との微妙な関係に悩まされながら、環菜やその周辺の人々と面会を続ける由紀。

そこから浮かび上がってくる、環菜の過去とは?

 

直木賞受賞作ということで手に取りました。

 

環菜の過去を遡るたびに父親との奇妙な関係、母親との確執、

付き合っていた男性など様々な周辺に人々が浮かび合うたびに

普通の人ではないと思わされると同時に壮絶とは一言では

言い尽くせない過去がありました。

こんな理不尽な過去があったと思うと性格や人格までが

自分とは違う方向に捻じ曲げられてしまうと思ってしまいました。

よくここまで一人で生きてきたなとある意味関心をしてしまいました。

 

由紀と我聞さんの夫婦は素敵な夫婦だと思いますが、

彼女の過去に迦葉との関係も意味深なことがあって、

それも平行して楽しめて読めました。

 

環菜にとってファーストラヴは両親の愛情なのか、

それとも周囲からの愛情なのか。

どちらの愛情が人生にとって重要になってくるのか、 

改めて家族の絆と愛情を考えさせられました。

 

そして文中にあったように

傷ついた者たちがいつか幸福になれるように。

みんなそれぞれ抱えていたしがらみから

解放されるようにと思ってしまいました。

 

作品の前半部分を読むと恋愛小説なのかと思ってしまいますが、

途中からミステリー小説のようにスリリングになっていくので

とても読みやすく興味深い作品でした。

 

ブログランキングに参加しています。応援を宜しくお願いします。

下をポチっと宜しくお願いします。

 にほんブログ村 その他日記ブログ つぶやきへ


2018.08.07 Tuesday | 読書22:34comments(0) | - | by yumi

スポンサーサイト


2018.10.23 Tuesday | - | 22:34 | - | - | by スポンサードリンク
コメント
コメントする