一つ終わりそしてまた一つ

今日は曇り時々晴れでこの時期にしては過ごしやすい一日。

6月14日は手羽先の日

 

体調が不調ながらもぼちぼちと進めていた刺し子。

やっと変わり花刺しが完成しました。

iPhoneImage.png

思ったよりも良い色合いに出来たので満足しています。

あとはアイロンをかけて後日ブログアップします。

 

この模様は色々な糸で変化が楽しめそうなので、

また刺してみたいかと思ったりしています。

 

手持ちの刺し子の布巾の図案がほぼ無くなってしまったので、

一枚だけおまけであったこんぺいとう刺し始めてみました。

前回は1色だけでしたが、今回はぼかしミックスにして。

iPhoneImage.png

刺し始めたのは良いけれど、

やり方を忘れてしまっておろおろしてます。

とりあえず糸が余り糸なので全部足りるか分からないので、

様子をみながら刺していってます。

一度刺しても忘れるなんてボケボケです。(^▽^;)

 

 

今クール観ていたドラマもどんどんと終了してしまって

寂しい時期に突入。

観ないだろうなと思っていても一応録画しておいたら、

後から手仕事をしながら観れるのでけっこう今回は観たかも。

視聴率とは関係なく意外と面白かったのが、

長澤まさみさん主演の「コンフェディンス」。

どこまでが嘘なのか見抜くのが面白いのと

長澤さんのはじけっぷりが良かったです。

大人しいイメージの長澤さんだけれどこうゆう役の方が

あっているかなと思います。

 

中谷美紀の「あなたには帰る家がある」は原作を読んだけれど、

原作とは設定が違って、

原作はもっと静かなスリリングさがあったけれど、

ドラマはちょっと大袈裟にしているから

これはまた別物として面白いです。

 

吉高真由子さんの「正義のセ」は安定した面白さ。

吉高さんと安田顕さんとのコンビのやり取りが良かったです。

周りの職場の人達の温かさも良かったし、

これはシリーズ化しても良いかと思えました。

 

あとは意外にも観てしまった「モンテクリスト伯」。

これはアレクサンドル・デュマの小説『モンテクリスト伯』を原作とし、

舞台を現代の日本に移してたドラマ。

フランス文学にもある物を日本版にドラマ化したもの。

作り方がちょっと手が込んでいて映画みたい。

別にディーン・フジオカさんのファンではないけれど、

なかなか良い演技をするなと思いました。

あとはラストの復讐がどうなるか・・

 

そういえばもう少しでW杯2018が始まりますね。

全然ワールドカップの熱気が伝わらないですが、

現地のロシアでもあまり盛り上がりが無いみたいです。

こちらも日本の勝敗はどうなるのか気になるところです。

まずは初戦突破です。!(^^)!



ブログランキングに参加しています。応援を宜しくお願いします。
下をポチっと宜しくお願いします。
 にほんブログ村 その他日記ブログ つぶやきへ


2018.06.14 Thursday | 日記19:41comments(0) | - | by yumi

スポンサーサイト


2018.06.21 Thursday | - | 19:41 | - | - | by スポンサードリンク
コメント
コメントする