石田ゆり子 天然日和

石田ゆり子さんの『天然日和』を読みました。

 

内容は 幻冬舎ウェブマガジン連載の「おぉ、素晴らしき日常」に

書下ろしを加えた、待望の一冊。

これが私のまいにちです―。

まな板の上の鯉状態になった韓国式あかすり初体験、

人の優しさが身にしみた真夜中の悲劇「JAF事件」、

サングラスとマスクの変装で挑んだフリーマーケット、

猫四匹と犬一匹の大所帯、大好きな本・お茶・雑貨のこと…。

人気女優が、日常のささやかな出来事を、

温かくユーモラスに綴る名エッセイ第一弾。

 

特別なファンでもないですが、長年活躍されていて

最近になって女優として人気があり、

同世代としてどんな人なのか興味があったので手に取りました。

 

文章がまるで言葉で囁いているかのように優しい言葉、

そして端的ですっきりと書かれていて

とても読みやすく何とも心地良いエッセイで

石田さんのイメージが今までよりも

もっと良くなって親近感が湧きました。

 

書くことに対すること、本に対すること、

物事に対する考え方、姿勢なども共感する事も多々あり

一人の女性として、そして一人の人間として素敵だなと思いました。

 

日々の普段の生活を大切に、一つの事を大事にしながら

生活をしているというのが伺えてこうゆう暮らし方を

以前から憧れていたので益々興味を持ちました。

 

「書く」という作業は、「懺悔」と「浄化」と表していましたが、

これも上手いなと思い無意識に書いていた物も

自分にも少し意味があったようなものであり、

自信のようなものが見つかったような気がしました。

 

この作品は10年以上も前の作品ですが、

当時の石田さんはこんな事を考えていたのかと思うと

自分と比較しているとかなり現実的で

大人なしっかりとした女性だなと思いました。

今の年齢でこの考え方だと丁度良いように思えてしまいました。

 

普段の石田さんの生活があますところなく垣間見れて、

時には空想にふけっていたり、ペットと戯れたり奮闘したりと

女優以外の自然体の石田さんが知れて嬉しかったです。

素敵な言葉が沢山詰まっているので、

またゆっくりと再読したい一冊になりました。

 

 

この続編の「旅と小鳥と金木犀ー天然日和」もあるので続いて読みます。

 

 

 

ブログランキングに参加しています。応援を宜しくお願い致します。

下をポチっと宜しくお願いします。

にほんブログ村 その他日記ブログ つぶやきへ


2018.02.24 Saturday | 読書15:36comments(0) | - | by yumi

スポンサーサイト


2018.12.11 Tuesday | - | 15:36 | - | - | by スポンサードリンク
コメント
コメントする