カズオ・イシグロ 夜想曲集

カズオ・イシグロさんの夜想曲集を読みました。


ストーリーはベネチアのサンマルコ広場で演奏するギタリストが垣間見た、

アメリカの大物シンガーとその妻の絆とは―ほろにがい出会いと

別れを描いた「老歌手」をはじめ、

うだつがあがらないサックス奏者が一流ホテルの特別階でセレブリティと

過ごした数夜を回想する「夜想曲」など、

音楽をテーマにした五篇を収録。

人生の夕暮れに直面して心揺らす人々の姿を、

切なくユーモラスに描きだしたブッカー賞作家初の短篇集。

老歌手

降っても晴れても

モールパンヒルズ

夜想曲

チェリスト 五編収録

 

海外の翻訳本は殆ど読まないですが、

ノーベル文学賞を受賞されたというので

初めてイシグロさんの本を手に取りました。

 

五編の共通するところは音楽をテーマにして

夫婦のいざこざが描かれています。

どれも主人公が男性のうだつの上がらないミュージシャンです。

うだつが上がらないから妻と関係が上手くいかないのか、

それとも妻との関係も上手くいかないからうだつが上がらないのか。

と卵が先か鶏が先かと思ってしまいますが、

どちらかが上手くいかないと両方ダメになってしまう

パターンがこの芸術家には多いようにも思えます。

男性がうだつが上がらない状態だと日本だけでなく、

他の国でも男性が切なく思えてしまうのは万国共通なようです。

 

ここに出てくる音楽は洋楽であまり知らない分野だったので、

詳しいことを書かれていても理解しにくく、

雰囲気などもしっかりと味わえない所が少し残念でした。

音楽に詳しい方だったら音楽の要素も味わいながら

この作品も十分に味わえるかと思います。

 

解説ではユーモラスに描かれているとありますが、

ユーモラスというのが日本と海外では少し異なると思うので

あまり笑えるという要素が低いかと思いましたが、

一番分かりやすくて面白かったのは「夜想曲」でした。

これは映像化にしたら凄く分かりやすくて面白いかと思います。

コメディ映画にでもなりそうな気がします。

この作品の中で

人生は、ほんとうに一人の人間を愛することより大きいのだろか。

という台詞が印象深かったです。

 

好みの作品は「老歌手」。

ベネチアという舞台からいっそう悲哀感が出ていて、

男性の女性に対する想いのいじらしさ、純粋さが出ていたようで

思わず頑張って欲しいとエールを送りたくなるような物語でした。

 

ラストの「チェリスト」だけは夫婦ではなく、

これから結婚して夫婦になる作品でしたが、

それまでが不思議な関係の物語でした。

これが音楽の才能、または感性や才能というものなのかとも思い

それまでの物語のミュージシャンの才能というものを

また振り返り考えさせられるものかと思いました。

 

どの作品もどこか大人の雰囲気があり、

セピア色のアルバムをめくっているような雰囲気を味わいました。

やはり風景、情景などが日本人とはまた違った表現方法なので

異国情緒がここかれも垣間見れました。

これぞ海外の大人の文学なのかなとも思わされました。

 

翻訳本にしては短編集のせいか割と読みやすい作品が多かったので、

また何かの機会があったら今度は長編を読んでみたいと思いました。

秋の夜長に音楽と共に読書をするには良い作品だと思います。

 

 

ランキングに参加しています。応援を宜しくお願いします。

下をポチっと宜しくお願いします。

 にほんブログ村 その他日記ブログ つぶやきへ 


2017.11.03 Friday | 読書16:58comments(0) | - | by yumi

スポンサーサイト


2019.09.15 Sunday | - | 16:58 | - | - | by スポンサードリンク
コメント
コメントする