乃南アサ しゃぼん玉

乃南アサさんの『しゃぼん玉』を読みました。

 

ストーリーは女性や老人だけを狙った通り魔や強盗傷害を繰り返し、

自暴自棄な逃避行を続けていた伊豆見翔人は、宮崎県の山深い村で、

老婆と出会った。

翔人を彼女の孫と勘違いした村人たちは、あれこれと世話を焼き、

山仕事や祭りの準備にもかり出すようになった。

卑劣な狂犬、翔人の自堕落で猛り狂った心を村人たちは

優しく包み込むのだが……。

涙なくしては読めない心理サスペンス感動の傑作。

 

 

乃南さんの作品は何作が読んだことがありますが、

このような作風は初めてなので新鮮でした。

 

都会の中で育ち荒れた生活の中で通り魔や強盗傷害を繰り返し

逃避行していた少年。

そんな青年が環境を変えたらどんな人に変わっていくのかと思いましたが、

事情を知ってか知らずかの老婆の屈託のない温かさ、

本当の父親でもないのに懐が広くて昔堅気の老父。

そして山仕事や祭りの準備を通しての村人との触れ合いにより、

心も身体もいつしか自然にときほぐれ

これまでにない人間らしい生活と人間らしい心に変わっていくところが

なんともほろりとさせられてました。

老父の言葉のように人間はいつになっても

心根があれば変わるものなどだと思いました。

 

青年と老父は同じ男性ということもあり、

今まで行き場のない心がこの自然環境が変化させて、

今まで考えてみなかった本当の家族の事や自分の将来なども考えるようになり

全ての考え方や行動も変わっていくのが

自然に芽生えてくるというのがとても見事でした。

宮崎弁がここでは良い味を醸し出してより温もりを感じられました。

 

エピローグがあると思わなかったので読み進めたら、

更にこれまでにない成長した姿になっていたので

とても爽快なり微笑ましかったです。

 

今の世の中世知が無く殺伐とした世の中なので、

しゃぼん玉のような生活を送っている若い世代の人達に

多く読んでもらえたら良いなと思える作品です。

 

この作品が原作となり映画化も来年2017年春に

公開予定となっているのでこちらも注目です。

 出演 林遣都、市原悦子 

 監督 東伸児

 

 

ブログランキングに参加しています。応援を宜しくお願い致します。
下をポチっと宜しくお願いします。
にほんブログ村 その他日記ブログ つぶやきへ


2016.08.11 Thursday | 読書21:58comments(0) | - | by yumi

スポンサーサイト


2020.02.25 Tuesday | - | 21:58 | - | - | by スポンサードリンク
コメント
コメントする