村田沙耶香 コンビニ人間

村田 沙耶香
文藝春秋
(2016-07-27)

村田沙耶香さんの『コンビニ人間』を読みました。

ストーリーは36歳未婚女性、古倉恵子。
大学卒業後も就職せず、コンビニのバイトは18年目。
これまで彼氏なし。
オープン当初からスマイルマート日色駅前店で働き続け、
変わりゆくメンバーを見送りながら、店長は8人目だ。
日々食べるのはコンビニ食、夢の中でもコンビニのレジを打ち、
清潔なコンビニの風景と「いらっしゃいませ!」の掛け声が、
毎日の安らかな眠りをもたらしてくれる。
仕事も家庭もある同窓生たちからどんなに不思議がられても、
完璧なマニュアルの存在するコンビニこそが、
私を世界の正常な「部品」にしてくれる――。

ある日、婚活目的の新入り男性、白羽がやってきて、
そんなコンビニ的生き方は
「恥ずかしくないのか」とつきつけられるが……。

現代の実存を問い、
正常と異常の境目がゆらぐ衝撃のリアリズム小説。
第155回芥川賞受賞作

 

今や誰もがコンビニを使うのが当たり前で日常生活の一部になっている所が

舞台になっているのでとてもリアル感があります。

主人公も何処にでもいる女性でありますが

本当は自分は何処か欠けている人間で普通ではないと思い、

それをコンビニの例えとして表現しているのがとてもユニークだと思いました。

その一方でも婚活目的の新入り男性が現代の人達を

縄文時代の人と例えているのが随分極端でもありますが

意外と的を得ているので思わず納得してしまいました。

 

人は何を基準にして普通か普通ではないかと判断するのか。

それは見かけだけではなく、

性別、学歴、職業、経歴などだけではなく、

もしかしたら生活の中や会話の中などの日常生活の中で

知らず知らずのうちに無言で判断して

仕分けをしているのだと思ってしまい怖さを感じました。

 

何が人として普通なのか普通でないのかは

誰が決めるでも無く、

何が本当に正しいとかも無く、

みんなが各々に合ったものであれば

それが一番生き生きしている生き方ではないかと改めて思えました。

 

それにしても身体のあらゆる細胞までにコンビニに満たされて、

これだけコンビニを愛しいるとなると

コンビニ業界の方冥利に尽きると思います。

 

コンビニを通して現代の社会の縮図が見えるようで

とても読みやすく分かりやすい作品でした。

これをきっかけに村田さんの他の作品も読んでみたくなりました。

 

ブログランキングに参加しています。応援を宜しくお願い致します。
下をポチっと宜しくお願いします。
にほんブログ村 その他日記ブログ つぶやきへ


2016.08.01 Monday | 読書22:25comments(0) | - | by yumi

スポンサーサイト


2018.06.21 Thursday | - | 22:25 | - | - | by スポンサードリンク
コメント
コメントする