有川浩 塩の街

有川 浩
角川書店(角川グループパブリッシング)
(2010-01-23)

有川浩さんの『塩の街』を読みました。

ストーリーは塩が世界を埋め尽くす塩害の時代。
塩は着々と街を飲み込み、社会を崩壊させようとしていた。
その崩壊寸前の東京で暮らす男と少女、秋庭と真奈。
世界の片隅で生きる2人の前には、様々な人が現れ、消えていく。
だが――「世界とか、救ってみたくない?」。
ある日、そそのかすように囁く者が運命を連れてやってくる。
『空の中』『海の底』と並ぶ3部作の第1作にして、
有川浩のデビュー作品のSF作品。

三部作となっている『空の中』、『海の底』を読み順番が逆になりましたが
最後にこの作品を手に取りました。

一番最後に読んだせいもあるかもしれないですが、
三部作の中では一番感情移入がとてもしやすくて読みやすかったです。
まさかこの作品が処女作で電撃小説大賞の大賞を受賞していたのも
知りませんでした。

他のニ作よりも思っていた程SF要素が入っていた気がしませんが、
塩が世界を埋め尽くすという塩害という設定が思いもしない舞台です。
一つ一つの章の中にきらりと光る名台詞があり、
それを読むたびに胸がキュンとなったり切なくなったりとして心を動かされました。

塩害で人々の心も身体も荒んでいき、
それを目の当たりでまだ大人でない真奈が経験していたのが
とてもいたたまれない心境になりました。
けれど他人の秋庭に出会ったことで、今までとはどんどんと違っていき
真奈自身も成長していく姿などは勇気づけられたりしました。
でも秋庭との年齢差があるのでその二人のやり取りをしているのが、
塩害の荒んだ世界を忘れさせるような健気な姿も見れたので
メリハリが利いているなと思います。
秋庭のようなちょっとぶっきらぼうだけれど、
さりげない優しさ、勇敢なところがまたこの作品のスパイスに
なっているのかなとも思いました。
これがもしかしたら、女性の理想とする男性像なのかなとも思いました。

塩の街は本編が六章で終わっていて、
こんなところで終わってこの先が気になっていたら、
その後のとしてのサイドストーリーがあります。
このサイドストーリーは更に人間関係が濃密に書かれていて
会話ごとに心を奪われていく感じでした。

あとがきにありましたが、
好きな人を失う変わりに世界が救われるのと、
世界が滅びる代わりに好きな人と最期を迎えられる
のならどっちを選ぶのかなと思いながら有川さんは
この作品を書かれたそうです。

まさにこの言葉がこの作品のテーマでもあるので、
人の心を大切にする言動がこの作品には沢山あると思います。
とても読みやすく読んで損がない作品なのでお勧めです。

ブログランキングに参加しています。
応援を宜しくお願い致します。下をポチっと宜しくお願いします。
にほんブログ村 その他日記ブログ つぶやきへ

2013.03.28 Thursday | 読書11:25comments(0) | - | by yumi

スポンサーサイト


2019.12.11 Wednesday | - | 11:25 | - | - | by スポンサードリンク
コメント
コメントする