百田尚樹 永遠の0ゼロ

百田尚樹さんの『永遠のO』を読みました。

ストーリーは「娘に会うまでは死ねない、妻との約束を守るために」。
そう言い続けた男は、なぜ自ら零戦に乗り命を落としたのか。
終戦から60年目の夏、健太郎は死んだ祖父の生涯を調べていた。
想像と違う人物像に戸惑いつつも、一つの謎が浮かんでくる。

タイトルの『O』とはいったい何なんだろうと思いながら読み始めました。
そしてそれが零戦ということが分かり、
まさか戦争の話になっていくとは思いませんでした。
亡くなった祖父の生涯をふとしたことがきっかけで調べることになり、
戦時中に色々な場所で祖父と出会った人達に話を聞くようになります。
初めは姉が中心でしたが、弟の健太郎が興味を持ちどんどんと視野を広げていきます。

この祖父の達の戦争経験は太平洋戦争から始まり終戦まで語られています。
祖父は特攻の搭乗員としてもとても腕が良かったところもあり、
上司に向かってここぞという時にははっきりと言う勇敢なところもありました。
けれど一つの部分では臆病になっていました。
臆病というのは周りの一部の人達がそう思っていただけで、
本当は臆病ではなく、生命を大切に思っていたからこその行動でした。

あまり戦争の本は読まないので詳しいことは知りませんでしたが、
この作品ではそれぞれの戦争が細かく書かれているので分かりやすく
それだけに悲惨さも凄く伝わってきました。

若くても赤紙がくれば必然と戦争に行かなくてはいけない時代。
戦争には人が必要だったので、まだ飛行機の操縦もろくにできないのに、
無理矢理訓練時間を短縮させてしまい、志願したいか、したくないかと
選ばせさせても志願したくないと言えば非国民とさせられてしまう。
まだ若い年齢で両親も健全で若いのに、
両親よりも早く亡くなってしまう人達が大勢でした。
特攻で戦地に向かう前に最後の手紙を書く時の覚悟。
この時の気持ちは冷静では書けないと思います。
戦地に行けば生きて帰ってくる補償なんてどこにもなく、
怖くて仕方ないのにその気持ちを正直に書くことも出来なくて
こんな事が当時の若い青年達がしてしまうなんて
なんて心の強い人達だと思ってしまいました。
こんな覚悟は今の日本人には出来ないと思います。

生きて帰ってくるなと言うばかりに、特攻には帰りの燃料は積んでいません。
日本ではそうでしたが、アメリカではこんな事はなく、
帰りの燃料も積み戦っていたそうです。
日本人は天皇陛下のためと戦っていましたが、
本当は国のためにと命をかけていて、それはアメリカ人にとも同じ
愛国心だったのかもしれないと思いました。
愛国心というけれど、この愛国心はこの作品では自分の家族、
友達のことを示しているのかと思えました。

なので祖父は常日ごろから生命の大切さを部下に教えたり、
態度で示していたのだろうと思います。
 「生き残ることができればまた敵機を撃てる機会がある。」
この言葉の裏にも敵のこともありますが、
やはり命の大切さを表しているのかと思います。

とにかく戦争では日本は兵隊や搭乗員を人と扱うことがなく、
命を軽く扱っていたのがとても腹ただしかったです。
食糧も行く時の量だけで、現地ではその場で食糧を調達していたというのを
知り驚きました。
戦いで亡くなるよりも餓死する人が多くいたそうです。
工業が乏しいからとできるだけ船は沈めないようにと言われたり、
戦闘機も使いまわしでボロボロだったそうです。

戦っていた人の中にはもう日本は負けると分かっているのにも
かかわらず戦っていたり。
もう矛盾だらけでした。
その中で多くの尊い命がなくなってしまったかと思うと無念でたまりません。

この祖父の戦時中のことが後々、健太郎の一つの謎に辿り着いた時には
またこれは偶然というべきか、この衝撃は大きかったです。

ラストでは涙を流さずにはいられないほどの感動でとても良い作品でした。
男同士の絆、家族の絆などさまざまな要素が入って、
戦争をの惨さを忘れないためにも、
命の尊さを知るためにもこの作品は多くの人に読んでもらいたいと思いました。

解説に故児玉清さんがありますがこちらも共感できてとても良いです。

2013年に山崎貴監督(ALWAYS 三丁目の夕日)が
この原作で映画化されて、岡田准一、三浦春馬、井上真央が出演します。
映画も観てみたいです。


ブログランキングに参加しています。
応援を宜しくお願い致します。下をポチっと宜しくお願いします。
にほんブログ村 その他日記ブログ つぶやきへ

2012.09.07 Friday | 読書12:27comments(0) | - | by yumi

スポンサーサイト


2017.06.25 Sunday | - | 12:27 | - | - | by スポンサードリンク
コメント
コメントする