痛いと思ったら・・・やっぱりアレでした

今日は晴れ時々曇りで夏日の蒸し暑い一日。
いよいよこの蒸し暑さが身体にまとわりついてくる季節になってきました。
今まで蒸し暑いと言ってもこれほどまでではなかったので、
急に蒸し暑くなると身体がついていかないです。

2〜3週間前から左の腕が痛いなと思ってましたが、
それから徐々に痛みが増して先週くらいからは腕を伸ばすと
ズキーンというような激痛が走り、
それから段々腕だけでなくなんだか手の先の方も痛いような感じになり
力を少しでも入れると痛くなってきたのでこれはまずいと思い
近所の整骨院に行ってきました。

初診だったので一応今までの病歴も記入しておいて
それから先生に診てもらいました。
近所だから狭いと思っていたら意外と中は細長くて患者さんは数名いました。
受付の女性もとても物腰の柔らかい優しい人でしたが、
先生は男性でしたがそれもまた優しい口ぶりで丁寧に説明をしてくれて
それだけでもほっとできました。
痛い腕をあちこち動かしてみたり、頭や肩や背中など触ったりして
診てもらったところなんとなく想像はついていたけれど四十肩と診断されました。
 
四十肩の特徴の頭を抱える形が出来ない、
帯を巻くような仕草が出来ないというこの二つがまるでダメ。
腕は上にはあがるけれど少し痛いし・・・

四十肩や五十肩は40歳代だからこの病気の名前がついたわけではなく、
正式な名前は肩関節周囲炎で原因は正確なことは分からないそうです。
長年の使い過ぎ、微細な疲労、傷の蓄積だろうと言われているそうです。
 
先生に触診をされた時も肩こり、背中、腰まで
筋肉がガチガチになっていると言われて、
日頃の運動不足がたたってしまったなと反省。 o( _ _ )o ショボーン
その後「治療にかかるので下着と上着は脱いで下さい。」と言われて。
「え?なんで治療に全部脱がなければいけないの?」と不思議に思ったけれど、
脱いだ後はすぐにうつ伏せになってバスタオルを女性の人がかけてくれました。
その後電磁波のマッサージと電気で温かくする物を
何個かつけてそのまま寝ていました。
ちょっとうつ伏せで温かいけれど重いのが乗っていると苦しい感じがしたけれど、
時間が経つにつれて気持ち良くなってきたり・・・
それが終わってから先生が筋肉をほぐしながら塗り薬を塗ってくれました。

その後服を着てから四十肩というのは痛いといって
何も動かさないと痛みが治った時に本当に動かせなくなってしまうらしいので、
先生の指示通りに腕を動かして治療は終了。

うつ伏せにしていたせいか頭はぼーっとしていたし、
マッサージなどであれこれしていたらすっかり疲れてしまいました。(; ̄ー ̄A アセアセ・・・
特に薬などはなく、今日は塗り薬が塗ってあるのでそれで大丈夫ということで。
あとは肩などは冷やさないで家事も無理しない程度で良いということでした。
まだうちでは扇風機、クーラーは使っていないんですけどね。

塗り薬が効いているのか今日は暑いからか分からないけれど、
首周りがぽかぽかしている感じです。
できれば毎日しばらくは通った方が良いというけれど、
毎日はちょっときついので1日おきくらいに通おうかと思います。

幸い利き手の右肩ではなかったのが良かったです。
右だったらどんなに不自由なことか・・・
利き手でもないのになるのが不思議です。
それにしても私はいつも身体の左側が怪我や病気になるな〜

しばらくは少し痛みとの戦いになりそうですが、
前向きに取り組んで少しでも回復するようにしたいです。

うーん、やっぱり身体は正直。
歳には勝てないのかな?(; ̄ー ̄A アセアセ・・・


御用のある方はお手数ですがHPのE-mailをご利用下さいませ。
 http://happy1996.web.fc2.com/


てをつなごう だいさくせんHPはこちらです。
 http://www.teotsunago.com/    


ブログランキングに参加しています。
応援を宜しくお願い致します。下をポチっと宜しくお願いします。
にほんブログ村 その他日記ブログ つぶやきへ  

2012.07.05 Thursday | 日記21:39comments(0) | - | by yumi

スポンサーサイト


2020.06.06 Saturday | - | 21:39 | - | - | by スポンサードリンク
コメント
コメントする