湊かなえ 贖罪

湊かなえさんの『贖罪』を読みました。

ストーリーは取り柄と言えるのはきれいな空気、
夕方六時には「グリーンスリーブス」のメロディ。
そんな穏やかな田舎町で起きた、惨たらしい美少女殺害事件。
犯人と目される男の顔をどうしても思い出せない四人の少女たちに
投げつけられた激情の言葉が、彼女たちの運命を
大きく狂わせることになるというサスペンス。
本屋大賞受賞後第一作。

前作の『告白』を読んで衝撃的だったのでこの作品も
読んでみたいと思い手に取りました。

手法は『告白』と同様で一人一人の主人公の視点から書かれていて、
何故か事件が起こった場所もプールという共通点でした。
小学生が事件に遭遇するとなると舞台となる確率は学校が多くなり、
その中でも視覚になりやすい場所と
いったらプールが浮かぶので偶然にも同じになったのかと思います。

殺人事件に遭遇してしまった少女達がどうしても犯人の顔を思い出せない
というのがミステリアスでストーリーにどんどんと引き込まれました。
そんな時に殺害された少女の母親から、
「犯人を見つけるか、わたしの納得できるような償いが
 できなければ復讐をする。」なんて言葉を投げつけるなんて
本当に嫌で最低な大人だと思いました。
母親からしてみれば大事な娘が亡くなってしまったことには
同情できますが、子供に向ける言葉ではないと思います。

こんな言葉をつきつけたせいでこの少女達は大人になるまで
ずっと罪も無いのに罪を着せられたみたいに怯えながら生きていたりして、
トラウマになり人生を狂わせられてしまったのかと思います。
彼女達をよく見てみると共通していることはそれぞれコンプレックスを
抱えていることが分かります。

母親の過去もあまり良いものではなく、少し自分は人と違う人という
高飛車なところがあったと思います。
都会から転勤して知らない土地に移った時には、
その土地の世間体、習慣、よそ者扱いなどをされていた時には
少しは同情できましたがやっぱりこの性格は好きにも同情もできなくなりました。

犯人は思わぬところから出てきますが、
犯人の動機がいまいち分からないです。
なんでこんなこんなところから?
少し強引な感じがしました。

償いって本当になんだろうか?
と本章でもありますが、これだと逆に償ってなんだろうかと思ってしまいました。
贖罪というタイトルなのでこれだと罪を償っているのだろうかと・・・
 
最後が意外にもさらりと終わってしまって、『告白』の衝撃とどうしても
比較してしまうと少し物足りない感じがしました。
けれどとても読みやすくミステリー要素があるので比較をしなければ、
この作品も良いと思います。

ブログランキングに参加しています。
応援を宜しくお願い致します。下をポチっと宜しくお願いします。
にほんブログ村 その他日記ブログ つぶやきへ 

2012.01.20 Friday | 読書11:05comments(0) | - | by yumi

スポンサーサイト


2019.08.25 Sunday | - | 11:05 | - | - | by スポンサードリンク
コメント
コメントする