角田光代 八日目の蝉

角田光代さんの『八日目の蝉』を読みました。

ストーリーは逃げて、逃げて、逃げのびたら、
私はあなたの母になれるだろうか…。
東京から名古屋へ、女たちにかくまわれながら小豆島へ。
偽りの母子の先が見えない逃亡生活、そしてその後のふたりに光はきざすのか。
心ゆさぶるラストまで息もつがせぬ傑作長編。第二回中央公論文芸賞受賞作。

角田さんの作品は好きなので何作も読んでいますが、
これは今までにないタイプの作品だと思いました。

一章では希和子と薫(恵理菜)の怪しい宗教団体を思わせる生活と
それから小豆島へと逃避行する様子が書かれています。
二章では逃避行後の恵理菜と希和子の二つの視点からの様子が書かれいます。

希和子のした誘拐はれっきとした犯罪です。
けれどこの犯罪は短絡的なものでなく、薫のこと思ってした誘拐だと思います。
薫を誘拐しなければいけない背景にはその両親の影響が殆どです。
こんな状況下に置かれていたら、同じ女性として出来る事なら
助けてあげたいと思うのが普通だと思ってしまいます。
逃避行中でも希和子は薫のためにと思って辛い仕事をしたり、
自分より何より薫の事を考えて行動をしていました。
こうゆうところはやはり女性というのは母性本能というのが出るのかと思います。

そして誘拐事件から数年後、本当の両親の所へ戻ってきたけれど、
普通ならばこのような過程があったならば今まで以上に自分の娘に
愛情を注ぐことをすると思いますがそれとは大違いで
まるで腫れ物に触るかのように、
いやそれ以上に親子という関係ではないような異常さでした。
これでは恵理菜の居場所が何処にもなくなってしまうのも当然です。
そしてあの人とは同じ事はしないようにと思っていたのに、
何の因果か同じような運命を辿ってしまいます。

けれど恵理菜と同じ怪しい施設で育った友人によって、
暗い過去を明かさなければならなかったけれど、
また緑の楽園と呼んだ場所へと向った後に
二人には希望の明るい光が見えていたので本当に救われて良かったと思います。

逃亡中の希和子の事を憎んで憎んでいたけれど、
本当は心の中では両親が自分に向いてくれなかったことの
言い訳として憎めば気が楽だったということ・・・
このことからもどんなに酷い両親だったかと伺えます。

印象的だったのが、
蝉は七日間で死ぬ話をした時に、
七日間で死ぬより八日目に生き残った蝉の方が悲しいって
あんたは言ったけど、(中略)それは違うかもしれないね。
八日目の蝉は、他の蝉には見られなかったものが見れるんだから。
見たくないってものもあるかもしれないけど、ぎゅっと目を閉じていなくちゃ
いけないほどにひといものばかりでもないと・・・

人生は辛い事もあるかもしれないけれど、
それだけではないってことを教えてあげたかったのかと思いました。

ストーリーの展開の早さと逃避行中のゾクゾク感、ドキドキ感、
そしてラストには温かい清々しさが表れるので読んでいてとても引き込まれました。

八日目の蝉』は4月29日から井上真央さん、永作博美さんで映画化されています。
映画のHPはこちらです。
 http://www.youkame.com/index.html 

ブログランキングに参加しています。
応援を宜しくお願い致します。下をポチっと宜しくお願いします。
にほんブログ村 その他日記ブログ つぶやきへ 

2011.05.09 Monday | 読書15:49comments(0) | - | by yumi

スポンサーサイト


2019.08.25 Sunday | - | 15:49 | - | - | by スポンサードリンク
コメント
コメントする