yumiのつぶやき 日航機墜落から25年

520人が犠牲になった1985年8月の日航機墜落事故から25年を迎えた12日、
墜落現場となった群馬県上野村の御巣鷹の尾根には、早朝から多くの遺族が
慰霊登山に訪れた。
午後には、前原誠司国土交通相が担当閣僚として初めて尾根に立つ。  
台風4号の影響で、朝方から曇りだした空からは時折、大粒の雨が落ちる。
遺族らは夜明け前から登山道に入り、急斜面に点在する犠牲者の墓標に花を供え、
線香を手向けた。  
四半世紀の歳月で遺族も高齢化が進み、この夏の登山を断念した人も少なくない。
一方で、事故後に生まれた子や孫を連れた遺族も見られた。  
日航によると、正午現在で67家族243人が訪れた。
(記事抜粋)

今日は日航機墜落事故が起きてから25年。
毎年の事だけれど、この日のことは私も忘れられない。
高校生だった時のことで、 地元だった県をまたがっていた事故だったから覚えている。
あの日は部活帰りで友達と自転車で道路を走って居た時に、
やけに夕焼けが赤いのが印象的だった。
そして家に着いたら日航機墜落事故だった。
御巣鷹山までは家からはとても遠い所だったけれど、
何故かやけに夕焼けが赤いのが虫の知らせだったのか・・・
それからTVを観るととても壮絶な事故現場で、
御巣鷹山周辺の病院だけでは搬送が間に合わないというので
住んでいた市であらゆる病院が受け入れをしていた。
TVでは観せられない現場は週刊誌などで載っていたから恐る恐る見たりしていた。
あらゆる所で人の肉片が飛んでいたらしい。
身元が判明できないので歯型で判明する為、近所の歯医者さんも呼ばれた。
遺体の安置所がなかったから近くの高校の体育館に保管されていたけれど、
あまりの多さと暑さで床が何かで染みになってしまったと・・・
それで安置所が終了した後は体育館の床を全部張り替えたと聞いた。
これは私の当時の外部からの情報でしかなかったから
内部的な事は分からないから、横山秀夫さん前作の『クライマーズハイ』を読むと、
記者からの視点で書かれているのでよく分かります。
映画もあるので参考になります。

二度とこのような事故が起きませんように。

私は忘れない・・・
あの日のまっ赤な夕焼け
そしてこの事故を・・・

今日は曇りで時より雨がぱらついていた。
台風が日本列島を横断しているから、この辺は特に何もなかったけれど、
午前中は風が強くて、ヨシズがバタバタして倒れそうで目が離せない状態。
その後は少しおさまって程よい気温になったから、
凌ぎやすい日だったかも。

昨日は月のものの痛さと耳の事など考えてしまって気疲れしてしまって、
いつもより早めに床に就いた。
身体は凄く疲れているのに頭は冴えて少し眠れないと思っていたけれど、
すぐに眠って夜中も少し目が覚めたけれど、朝まで割りと眠っていた。
いつも起きる時間になってもなんだか何も考えたくなくて、
何もしたくなかったからふて寝。
けれど不思議なものでふて寝しても心の中はさっぱりする訳でもなく、
目も覚めてしまったし、寝ていても暑いから起きた。
起きたらやっぱり何かしらしてくなるもので、
結局いつもと同じ事をしていた。o(〃'▽'〃)oあははっ♪

考えても仕方ないのに、考えるから気疲れするから
もう考えないようにしよう。
といっても、耳って聞こえてしまうから気になるんだよね。
他の身体の箇所でも気になる時は気になるけれど、
耳は頭の近くだから余計に気になってね〜
でももう考えるのはもう少し減らさないと今度は本当に潰れてしまうから・・・
快方に向っているのに気疲れしている私って変な性格。(^▽^;)

*:..。o○☆゚・:,。*:..。o○☆*:..。o○☆゚・:,。*:..。o○☆:,。*:..。o○☆*:..。o○☆゚・:,。

薬はアデホスコーワ顆粒10%とメチコバール錠500μg 0.5mgは
食後1個づつで同じ。
ツムラ柴苓湯エキス顆粒を1日3回毎食前に服用。
ゼチーア錠 10mg(コレステロールを下げる薬) 夕食後に1錠。

明日からも回復に向かいますように・・・(^人^) オ・ネ・ガ・イ♪

ブログランキングに参加しています。
応援を宜しくお願い致します。下をポチっと宜しくお願いします。
にほんブログ村 その他日記ブログ つぶやきへ 

2010.08.12 Thursday | 日記21:34comments(2) | - | by yumi

スポンサーサイト


2019.09.15 Sunday | - | 21:34 | - | - | by スポンサードリンク
コメント
金曜ロードショーを見ていて今度「沈まぬ太陽」をやるって言っていて。御巣鷹山の事を調べていて文章を読ませてもらいました。
当時、私は四歳でした。実家が上野村の隣の中里村(今は合併して神流町)だったので夕方救急車の音がすごかったのと次の日、庭で自転車に乗っていた時白い煙が上がっていることやヘリコプターが凄い飛んでいたのを覚えています。私にとっては、毎年夏休みに慰霊碑に行き手を合わせたのを思い出します。もう25年がたって忘れられていないか心配です。地元だったから余計おぼえているっていうのもあるかもしれないですけどね。
  • えみ
  • 2011/02/04 10:39 PM
えみさんへ
実家のすぐ近くで事故があったんですね。
私は事故現場とは遠いですが、同じ群馬県で川上恵子さんが入院されていた市に住んでいたので、
他人事とは思えませんでした。
そしてこの日の夕日がやけに赤いのを記憶しているので一生忘れられないです。
時が流れるとともに風化してしまう傾向がありますが、
遺族の方々は忘れることはできないと思うので
せめて同じ県に住んでいたということでこの日の事は忘れないようにしたいと思います。

私も『沈まぬ太陽』を観たいので見逃さないようにしたいです。
  • yumi
  • 2011/02/05 10:08 PM
コメントする