映画 マンマ・ミーア

評価:
---
ジェネオン・ユニバーサル
(2009-06-24)

人気ポップグループABBAのヒット曲を多数盛り込んだ『マンマ・ミーア』を観ました。

ストーリーはギリシャの小島でシングルマザーの母ドナ(メリル・ストリープ)に
育てられたソフィ(アマンダ・セイフライド)。
彼女の密かな願いは、まだ見ぬ父親とバージンロードを歩くこと。
結婚式を控え、父親探しをすることに決めたソフィは、内緒でドナの日記を読み、
父親の可能性のある昔の恋人3人に招待状を出す。
果たして彼女の父親は探せるのか?というミュージカルコメディー。

この作品はCMを観かけた時から面白そうな映画だと思い興味津々でした。
ABBAの曲は代表的な曲を知っているくらいですが、
知っている曲がかかるとつい口ずさみたくなりました。
ストーリーは至って簡単なのでそれよりも、やっぱりABBAの曲に惹かれてしまいます。
おまけに舞台となっている島はギリシャのエーゲ海なので、
島から望む海の風景はとても綺麗です。
ABBAの曲をメリル・ストリープ、アマンダ・セイフライド、ピアーズ・ブロスナン、
コリン・ファース、ステラン・スカルスガルドなど豪華なキャストが歌っているのも見ものです。
60歳近いメリル・ストリープが歌って踊ってとても60歳とは思えない動きでした。
ピアース・ブロスナンはわざと下手に歌っているのか、
それともあれが限界なのかちょっと疑問でしたがそれも面白いです。
メリル・ストリーブをはじめとする3人組のおばさんパワーにも驚きです。

現代版サウンドオブ・ミュージックという感じでしょうか。
エンドロールのクレジットまで楽しめるので、
観る方は最後までお見逃し無く。
この設定が結婚式を備えてだからこそ、ABBAの曲が合うのかなとも思えました。
これだけ楽しければ本場の舞台のミュージカルでロングランになるのは分かる感じです。

ミュージカルを観たことない私なのでミュージカル気分を十分に味わえました。
何も考えずにABBAの曲とミュージカルコメディを十分に楽しめるかと思います。
1回だけでなく何回も観たくなる作品でした。
ABBAの曲は永遠に不滅ですね。
 
尚、ABBAは現在に至っても歌詞の翻訳(つまりは訳詞)等を原則認めていないそうですが、
このミュージカルにおいては例外として各地の言語に翻訳して上演することを認めている
(2009年7月現在、日本語、ドイツ語、韓国語、ロシア語等計10言語)。
マドンナの『バッグ・アップ』では『ギミー!ギミー!ギミー!』のサンプリングは
許可されているそうです。

本物のABBAの曲はこちらです。
Dancing Queen(ダンシングクイーン)をお楽しみ下さい。

ブログランキングに参加しています。応援を宜しくお願い致します。
読んだら下をポチっとお願いします。
 にほんブログ村 その他日記ブログ つぶやきへ

2010.02.12 Friday | 映画・DVD・ドラマ13:57comments(2) | - | by yumi

スポンサーサイト


2019.09.15 Sunday | - | 13:57 | - | - | by スポンサードリンク
コメント
ダンシングクイーンは懐かしいね♪
まさに私が愛する、80年代洋楽だわ〜☆
(*^_^*)

あのね 下の方の日記のコメントなんだけど
ここに書いてもいいかな?

んとね
子供のことは気にしたらキリがないよ〜

私もよく考えるもん

孫がいたら、実家の両親にも違う人生があったんじゃないかって…
もちろん、うちの親は何も言わないけどね

まぁ、相方の義母さんは、きつい言葉を私に言ったけどね…
『アンタなんか子供も産まないじゃないの!』ってね…

私、30代後半から更年期障害が始まって未だに続いてるから
もう、子供は産めないのね…
それが、義母さんは気に入らないみたい…

あはは、とうとうバラしちゃった☆

子供いるのが当たり前って考え方は、よくないと思うな
でも、それが世間一般の考え方だよね…
(T_T)
  • たぐふれのしーちゃん☆
  • 2010/02/12 10:06 PM
たぐふれのしーちゃん☆さんへ
80年代の洋楽は当時はあまり聴いていなかったけれど、
今になって聴くと良い音楽多いですね。

義母さんにそんな事を言われたんですか!!
こんな事を言われたら心が折れちゃいそうです。
大変な思いをしたんですね。
私はまだ言われていないからましな方かもしれないですね。
今まであまり子供の事は気にしていなかったけれど、
あるブログで妊娠下頃から赤ちゃんが生まれたことが書いてあって
それがやけにテンション高くて幸せ満々に書かれてあったから
それが自分にひっかかってしまい少し落ち込みました。
生むとしても薬を抜かないといけないし、
それよりも体力がないから自信もないんですけどね。
なのでそのブログはお友達だったけれど、
読むと落ち込むので本人には悪いけれどあまり読まないようにしています。
人それぞれの人生があるように夫婦があって良いですよね。
  • yumi
  • 2010/02/12 10:25 PM
コメントする