カミュ ペスト

カミュのペストを読みました。


内容
アルジェリアのオラン市で、ある朝、

医師のリウーは鼠の死体をいくつか発見する。

ついで原因不明の熱病者が続出、ペストの発生である。

外部と遮断された孤立状態のなかで、

必死に「悪」と闘う市民たちの姿を年代記風に淡々と描くことで、

人間性を蝕む「不条理」と直面した時に示される人間の諸相や、

過ぎ去ったばかりの対ナチス闘争での体験を

寓意的に描き込み圧倒的共感を呼んだ長編。

 

コロナ禍というご時世になり、

新聞、雑誌などの各メディアで注目されているというので

店頭で平積みになっていたので手に取りました。

 

カミュというとアルベルトカミュの「異邦人」。

学生の時に読んだ記憶も定かではないですが、

カミュは有名な作家ということだけは覚えていました。

 

今回のストーリーは感染病によって人は混乱させられたら、

封鎖された街で人はどのような行動を取るということが

テーマになっていたので現在の状況と重ね合わせながら

読み進めていたのでとてもリアリティがありました。

ペストという病気を何となく朧気ながら知っていた

だけだったので、その病状を刻々と描かれていたのは

かなりグロテスクで読んでいるのがとても辛かったです。

けれどそれが過去の歴史にはこれによって多くの人達が

命を奪われたり、それにより家族、友達などと

愛する人達が奪われてしまったという事実があったということが

とても辛く重くのしかかります。

 

時代背景や宗教や置かれた全ての環境が違っていても、

この時代に取られていた行動が現代の何処の国でも

同じ状況というのが何とも人間らしいというべきか、

どんな時代でも変わることができないものなのだと

納得させられた気がしました。

 

フランス文学ということもあり表現の仕方が独特であったり、

宗教上の事や当時の時代背景などが入ってきているので、

最近の読みやすい小説ばかり読んでいる私にとっては

内容がなかなか頭に入らなくて文字を追っていくだけ

文章を咀嚼しきれなかった程難しい内容でした。

 

この苦しい状況の中で様々な行動を取っていた人達ですが、

主人公でもある医師は医師としてのポリシーを持ちながら

淡々と治療などをこなしていく中、やはり医師も一人の

人間であって苦しみを持って患者に寄り添いながらも

一方では何処か冷静に自分を見つめている人がいて

これが医師の本心なのかもと思えてなりませんでした。

 

いくら新興している宗教があり、

それにすがったりお祈りをしたりしても、

やはり医師としての現実をまじまじと見ることによって

本来の心が出てしまうと思いました。

けれどこれが悪いとも思うこともなく、

これが真実なのだと思ってしまったら

それに従うしかないのかと思ってしまいました。

 

ペストは想像を絶する感染病であることがこの作品の

中からはよく分かり、感染状況が変わるごとにまた

人の心も揺れ動き、望みであったものも絶望をし、

今まで普通に芽生えていた平和や愛情というものが

ある所から突然失いかけてしまうというところが

一番人間としては怖いものだと思わされました。

 

ラストに例え終息されたと思われるペストであっても、

またいつの日か幸せだった日が失われる日が

来るかと思うと覚悟しながら

また生きていくと言葉がずっりしと現実味が増して

感染病の恐ろしさを伝えていた気がします。

 

まずは普通に暮らしていける日常に感謝すると共に、

まだ終わらない新コロナとの共存していく方法を

改めと冷静になって考えさせられました。

 

まだ十分に理解できていない部分が多いので、

また再読してみたいと思います。

 

iPhoneImage.png

 

ブログランキングに参加しています。応援を宜しくお願いします。

下をポチっと宜しくお願いします。

にほんブログ村 その他日記ブログ つぶやきへ


2020.06.06 Saturday | 読書15:51comments(0) | - | by yumi